LINEで更新通知をリアルタイムに配信しております♪ここから登録できますよ~!
スポンサーリンク

【出産ブログ⑦】分娩台での出来事

分娩台 ノンストレステスト 気絶寸前 助産師

車椅子で分娩台に運んでもらったはいいけど、身体がガクガク震えすぎてなかなか分娩台にあがれなかった・・・
NSTをつけるのですが、陣痛がきそうになると数値がガーッと上がっていくので痛い痛いと叫びまくっていました(まあ機械を見なくても身体の感覚で陣痛がくるのはわかりましたが)
内診してもらったら、すでに子宮口が8~9㎝程開いていたようで助産師さんに「早くても朝方かなーって思ってたのにもうこんなに開いてるじゃん!安産だよ!あと2時間もすれば産まれるよ!!」っと言われました(ナースコールしてよかった)
こんなに辛いのに安産?!っと思ったと同時に、あと2時間もこんな辛い状況が続くのかと絶望感に襲われました
この時には陣痛の間隔もすごく短くなっていたので、ほぼ休む暇なく痛かったです
唯一の救いは、担当してくれた助産師さんが陣痛がきたタイミングで上手いことお尻?を刺激してくれて、痛みが少しマシになりました
さすが助産師さん
ふとまつの手は拒否し、ひたすら助産師さんに「陣痛くる!陣痛くる!撫でてー!!」って叫びまくってましたw
助産師さんがどこかに行こうとすると、「行かないでー!ここにいてー!」って叫んでたそうですw
痛すぎて人格がおかしくなってましたw
そしてねむこに拒絶され、ぼーっと立つことしかできなくなった可哀想なふとまつw

次回はいよいよ産まれるお話・・・!?

コメント